★Tone Bender & Arbiter Fuzz Faceタイプ★

Fuzzの歴史を紐解くと、その1ページ目にはVox/Sola Sound Tone BenderとArbiter Fuzz Faceが刻まれています。それらは若干のキャラクターが異なりますが基本的に同じ回路をベースに製作されていました。(*ヒストリーをご参照ください。)

FUZZ BENDER はVox/Sola Tone BenderとArbiter Fuzz Faceの両方を1台で実現したファズです。スライドスイッチを左にしますとより温かく、太いFuzz Faceのサウンドになり、シングルコイルのギターのヴォリュームを下げ、Fuzzコントロールを最大近くまで上げますと、ジミヘンドリックスを思い起こさせるサウンドになります。

スライドスイッチを右にしますと高域の強いVox/Sola Sound Tone Bender MK1のサウンドになり、60年代のThe Who、Spencer Davis GroupやYirdbirdsなどの英国黄金期の伝説のアルバムに(米国ではNeil Youngが最初のファズユーザーの一人でした。)収められた当時の独特のファズサウンドが甦生します。

*ヒストリー
1960年代、英国のGary Hurstエレクトリックギター用最初のディストーションを開発し、製作していましたが、カスタムオーダーのみでの販売だったため、製作本数は極めて少数でした。その後、1965年にGaryはロンドンを拠点とするSola Soundに加わりました。そしてSola SoundはGaryが開発した回路を少々変更し、VOX社用のOEM製品として大量生産しました。そのファズがTone Bender MK1です。

また開発完了後、Sola Sound自身のブランドでも、少量ですが製造しました。1966年秋、当時、英国で大企業であったArbiter社Fuzz Faceという商品名で自身のファズを発売しました。Fuzz Faceは外観は独自のものでしたが、回路はTone Bender MK1に若干の改造を施しただけのもので、サウンドも若干、低域が強いこと意外は同様でした。
※BSM/エフェクター

【正規逆輸入品】 【受注オーダー品】【送料無料】 Bender Fuzz BSM-エフェクター!

【正規逆輸入品】 【受注オーダー品】【送料無料】 Bender Fuzz BSM-エフェクター

エレキギター オーバーロード Overload Custom Guitars Volcano 7 Flame Maple Top /Graphite Black Satin【送料無料】

モデリング言語UMLの基本と各ダイアグラムに関して解説します。

【正規逆輸入品】 【受注オーダー品】【送料無料】 Bender Fuzz BSM-エフェクター

ローボード 幅180 テレビ台 80インチ程度まで対応 AVラック おすすめ

↑このページの先頭へ

Loading